Gallery & Museum

ロンドンの美術館・博物館は無料で解放していて、寄付金制のところが多い。
つまりタダで見放題だ。

ナショナルギャラリー

ここに来る前にロンドンでは石を投げればデザイナーにぶつかると友人に聞いたが、ほんとによくスケッチをしている人を見かける。

僕も週に何度かは、美術館にでもあしを運ぼうと思う。

取り合えず、有名なところへ訪れてみた。
ナショナルギャラリーと大英博物館だ。

ナショナルギャラリーは絵画を見るところ。
写真みたいな細かく描かれた絵から、時代・宗教を伝える絵までさまざまで、
特に拷問の様子が描かれた絵は正直気持ち悪かった。

びっくりしたのは、たまにある巨大な絵画だった。
何メートルあるんだろうか? どうやって描いていったのか、不思議で目を奪われる。
大英博物館は、いった時間が遅かったので、少ししか見れなかったけど、とても面白かった。


大英博物館 館内中央広場

ものすごい数の展示品が入る巨大なスペースに驚いた。
そして、今回特集をしていたマミー(ミイラ)を見てきた。 よくよく考えると、これって死体だよな。。。とおもい、ガラスケースに入れて飾るなんて罰当たりだと思った。 ミイラの前にはレントゲン写真があり、骨が見えてた。 「ほんとに、入ってるんだね。」

びっくりしたのは、石の神殿の柱とか 平気で飾ってあるところ。 こんなで回のよく運んだなとおもう。また、壊れたつぼなどが丁寧に修復されているのに、驚いた。
まだまだ、見るところがあるので何回でも行こうと思う。

寄付もするようにしよう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *