Cafe vs Pub

今日はカフェに来てみた。
ここは、Cargoという近くのカフェ。夜はとなりの部屋(?)のクラブスペースがオープンし、レストランとなり、昼間はカフェになっている。

ここでは、インターネットの環境があり、無線LANが入っているパソコンでタダで自由にインターネットが出来る。とてもありがたい場所だ。


メニューもロンドンでは珍しい、1ポンドメニューがある。といっても紅茶やコーヒー。マフィンといった簡単なものだがとてもありがたい。中はかなり落ち着く木の造り。外装は倉庫を改造したのだろうかなり、古いレンガ作りの倉庫だ。オープンテラスもあり、今日のような暖かい日には外でもくつろげる。

僕はここのマフィンが気に入った。(ブルーベリー/チェリー/バナナ/チョコレート)どれも1ポンドだ。

まだ、夜ここに来た事がないので今度くる事にしよう。クラブなんて久しぶりだからね。


前回書いたパブと比べて大きく違うのは客層だ。おっさんやおばちゃんといった客がいない。学生なのだろうか、一緒に宿題をしているような人たちや、僕の他にもパソコンを持ち込んでいる人が二人いる。ここで、落ち着くのは音楽のせいでもあるんだろう。いまは、静かなピアノが流れている。

パブもいいけど、カフェもいいよね。
さーて、これから、パブでもいってビール飲んで帰ろう。

2 thoughts on “Cafe vs Pub”

  1. Yo オザーク! Blogまだオープンしてなかったみたいなのに、書き込んでしまってました。すんません。楽しんでるみたいやね?久しぶりに海外に行きたい…。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *