Peaceful Suburb

ヒーバー城(Hever Castle)

ロンドンも都会。ずっとここにいると、やっぱり人ごみで疲れるので、今日はちょっと郊外へ城でも見に行こう。


ロンドン中心地から列車で50分Edenbridge Townへ、何もない無人駅をおりたらバスターミナルも何もない。「ここって。。。」とにかく駅を出てまっすぐしかない道をひたすらすすむ。やっと、出口。
なんとか車が通ってそうな道にぶつかった。と、そこに小さな、ボロ小屋があって、そのに「TAXI」と。「これしかないよね。。」と思い、ドアもない、その小屋に入ってみる。
かろうじてあるカウンターのような所に座っているおばちゃんに話しかけてみる。
「ビーバー城に行きたいんですが。。。」
「いいよ。」
おばちゃんが後ろを見て、「次はだれ?」
すると後ろにいた男が「え?お前行けよ。」と隣のおっさんに
「ふー。わかったよ。」と立ち上がったおっさん。
やる気ゼロだよ。前のバスの運転手の時も思ったが、ここでは、お客様が神様ではないね。
そこからタクシーで10〜15分つきました。イギリスで初めてのお城。

なんか感動的だ。門をくぐるとそこは広場になっていた。さすがだ、すぐには城に入れないわけだ。
そのまますすんでいくと、「プレイグランドはこちら」の看板が、おう、これは子供の公園。ちょっと除いてみよう。。。。。。遊んでしまった。なかなか大きな木のジャングルジム+迷路みたいなのがあり。楽しかった。

そうそう、お城に戻る。城の前に来たら「う〜ん。意外にちいさいなこれ。」でも造りはしっかり。見た目には小さくてもなかは、しっかりしている。お城だからね。攻撃されても大丈夫なようにいろいろな工夫がされていた。でも、中にこの城が戦いで燃やされている絵が飾ってあった。「なぜ?」

イギリスのお城は他にも楽しみがある。それがイングリッシュガーデン城の周りにある庭園だ。これはとても美しくて、広かった。城よりも。。。。城でかくしようぜ、ヒーバー。調べてみるとここは、後に処刑されることとなる、ヘンリー八世の妻アン・ブーリンが、幼少時を過ごした城らしい。歴史も知っておくと面白い。また違う城にも行ってみよう。

One thought on “Peaceful Suburb”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *