Pictionary

「Pictionary」ってゲーム知ってますか?昨日やりました。簡単に言えば、2〜4チームに分かれて遊ぶすごろく。さいころを振ってチームの駒を進めて行くんですが、さいころを振るにはまずあるテーマ(題:人名・地名・モノの名前・動作など)について1分以内に絵を描いて自分のチームメートにそのテーマを伝える事が必要。各テーマはゲーム用のカードの箱から絵を描く人が1枚引いて決める。もちろん描いている人はしゃべってはいけません。

こんなゲームをやっていたんですが、この時ブラジル人・イタリア人・アメリカ人・日本人をいてなかなか難しい。人に伝える絵って国を超えると全くわからない。その人の生きてきて普通と感じる感覚には個人差があって、モノを伝えるときにすごく自然とその違いが出てる。そんな状況で描こうとする絵は「どうやったら、わかりやすく、伝えられるか。」という事が前提で描かれている。とても賢さがわかるゲーム。おもしろかった。
中ではこんな問題がありました。「empty」さて、あなたならどんな絵を描きますか?

2 thoughts on “Pictionary”

  1. [empty]
    なんだろうなぁ?パ!っと思ったのは、車のガス欠ランプ!同じ日本人だって感性に結構違いあるしね。国が違えばなおさら。
    でも面白そうだな。その人の感じ方、深く言えば生き方なんかも見えてくるゲーム。

  2. お、賢いね。車のガス欠ランプは万国共通そうだね。今度使ってみよう。外国人じゃなくても、子供と一緒にやったら面白いかも。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *